2012年1月29日日曜日

自家製天然酵母



これはなんでしょう?
当店のおいしいパンの、元の素、「Levain liquid 自家製天然酵母」です!

当店の天然酵母は、果物の酵母から液種を作り、毎日粉と水を足して、元種を継ぎ足していくという伝統的な方法を使用しています。
天然酵母は生きているものなので、とても管理が大変です。少しの温度の変化で、酸味が増したり減ったりします。
そして、毎日香りが変わってくるものなのです。

フランスでは、パンのおいしさを語るとき、パンを食べたときに香る粉の香り、そして天然酵母の香りをとても大事にします。
毎日食べるパンだから、その日の酵母の状態で、少し酸味が強かったり、弱かったりするのを楽しむのも、フランス人の楽しみといえるかもしれません。

シェフは、この天然酵母を、バゲットやリュスティックなどのパンにはもちろん、クロワッサンの生地の中にも入れてうまみを引き出しています。

皆さんも一度、この天然酵母のおいしさを味わってみてください!

2012年1月26日木曜日

ブログ、初めての投稿です。
これから主に、当店 Encore un matinのこだわり、日本ではまだまだ知られていない、フランスのパン事情、歴史などを、少しずつお伝えできれば、、、と思っています。



まずは、このマーク!ご存知の方は、少ないのではないでしょうか?
当店の入り口に掲げてあるのですが、これは、フランスで「職人の巨匠」に与えられる資格です。

ちなみに、こちらのブルーのマークはフランスでもよく見かけるマーク。
パン屋さんでこのマークを掲げているお店はちらほらあります。

この赤いマークを与えられるには、ただ腕のいい職人であるだけでなく、語学、経営能力、職人を指導できるリーダーシップ、哲学、、とトータル面での能力が要求されるようです。

そして、当店のシェフ、Peguero Patriceは、この資格を与えられた職人です。
まず、シェフがより腕のあるパン職人であることは、お分かりいただけたでしょうか?
彼が作り出すパンは、芸術のようなものだと思います。
シンプルな材料から作り出される、数々のパンやヴィエノワズリー。。。
見た目の美しさ、噛めばかむほど舌の奥で広がる奥深い味。
シェフだからこそ創り出せるこのパンを、是非味わっていただきたいと思います。



2012年1月13日金曜日

Encore un matin ブログをはじめました。

Encore un matin ブログをはじめました。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

尚、Encore un matinの公式サイトはこちらです。
http://encore-un-matin.com

Encore un matin